鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子 オフィシャルサイト

鶴ヶ島市議会議員 金泉ふき子_ヘッダ
ホームへ
政策へ 議会報告へ 後援会へ プロフィールへ


活動報告




活動報告 2008.8月
 8月24日(日)
●三ツ木地区で議会報告会を開催
 三ツ木会館にて金泉ふき子の議会報告会を開催しました。30人あまりの方が参加してくださり、主に6月定例会での
 一般質問について報告し、その後、鶴ヶ島市に於ける今後の高齢化について、又、国民健康保険の現状について説明しました。
 更に地域の皆さんから質問を頂きそれぞれ回答し、とても有意義な報告会でした。
   

 8月8日(金)
●愛知県大府市議会が視察に
 鶴ヶ島市議会の議会改革の取り組みについて大府市議会の議会運営委員7名が視察に見えました。
 当日は議会改革検討委員会の委員長、副委員長及び、議長そして私が出席し、主に4月19日に開催した【議会報告会】の
 経緯やその流れ、結果等のついて質問があり議論が交わされました。
 なお、7月25日には三重県伊勢市からも議会改革について視察に見えております。
  
 8月2日(土)
●地元松ヶ丘夏祭り 盛大に開催
 早朝よりギラギラと照りつける真夏の太陽の下で、夏祭りの準備が自治会役員さん、ボランティアの皆さんの手で着々と
 進められた。こんなに出るの?というくらい汗をかきながらみんなで和気藹々と準備が進み、夕方に再集合です。
 どこからともなく子どもたちが集まり、当日用意された出店でゲームを楽しんだり、会場をところ狭しとばかりに走り回って
 いました。浴衣を着て踊ったり、友達と楽しそうにおしゃべりをしている子、見ているだけで微笑ましくなります。
 日も暮れてくると大人、家族連れなど多くの方たちが、会場に訪れ、踊りの輪に入ったり飲んだり食べたりしながら真夏の
 夜のひと時を楽しんでいました。こうして地域の方たちが地域のなかでひと時をすごすことはとても大切なことと思います。
 特に、子どもたちにとってはふるさとなのですから。
  



活動報告 2008.7月
 7月19日(火)
青少年健全育成連絡協議会定期総会開催 【サマーカーニバルin鶴ヶ島】会場において街頭キャンペーン実施
 青少年健全育成連絡協議会の定期総会が市役所で開催され、午後から【サマーカーニバルin鶴ヶ島】会場において街頭
 キャンペーンを実施しました。
 このキャンペーンは、青少年育成推進委員の協力及び西入間地区地域安全推進連絡協議会との共催により当会場に
 おいて青少年の健全育成及び薬物乱用防止などを呼びかけました。
 私はその後、交通安全協会主催による交通安全キャンペーンの街頭キャンペーンにも参加し、市民の皆さんに呼びかけを
 しました。
 又、鶴ヶ島西口商店街のサマーカーニバルは近年にはない多くの人が来場し大変な賑わいでした。
 そこでも私は地元松ヶ丘の有志による("焼きそば"と"とうもろこし")売りの出店で売り子にはや代わりし、大声で
 売りまくりました。
   
 7月13日(日)

○南小学校PTA主催による第1回家庭教育学級に参加
 講師にNPO埼玉教育支援センターの理事長 川嶋良治先生をお招きして、ハーモニカ演奏と、講演【学校と家庭教育の
 連携について】が催されました。
 NPO埼玉教育支援センターの主な支援活動として県・市町村・社会教育機関・個人・その他子どもの健やかな育成を
 行おうとする者や団体に対して研修会講演会への講師派遣、面接、電話による助言、カウンセリング、コンサルティング
 等の方法により支援をしています。
 又、川嶋先生については教員、県社会教育主事など35年勤務された後、当センターにて活動しており、又、
 ドミナント・ハーモニカ演奏者としても活動しています。
 始めにすばらしいハーモニカ演奏を聞かせていただき、その後講演を聞きました。
  

 7月3日(木)
     〜4(金)

○北名古屋水道企業団及び、愛知中部水道企業団に事務調査出席
 一部事務組合・・坂戸・鶴ヶ島水道企業団議会における事務調査報告 7月3日、4日にかけて、北名古屋水道企業団及び、
 愛知中部水道企業団に事務調査に出かけました。初日は北名古屋水道企業団を訪れ、
 <北名古屋水道ビジョン2006 (地域水道ビジョン)について>を調査し、主な内容として
   1、老朽化した施設の更新状況と今後の計画
   2、中・長期的財政計画
   3、料金体制等水道事業の現状
    について説明を受けました。

 翌日4日は愛知中部水道企業団を訪れ、調査事項としまして
 <広域水道事業体の現状と課題について>
   1、愛知水道企業団の 沿革と組織について
   2、中・長期的財政計画
   3、複数事業体の統合における課題等 の内容です。

 今回の調査でとても印象に残ったことは、愛知中部水道企業団は2市3町に水道を供給していますが、その水の9割が
 木曽川を源としています。この木曽川の源流を育む長野県木曽郡の森林を守り育てて行くために、水源涵養を目的とした
 森林整備事業を実施しています。水道料1りにつき1円の基金を積み立てし、水道企業団と木曾広域連合とで水源の森の
 森林整備をしていることです。
 そのことが、ひいてはおいしい水に繋がっていると思います。市民、町民も協力しています。
 ちなみに水道料金は坂・鶴企業団の2倍近いです。

  

 7月1日(火)

○ヤングミセス料理教室
 食生活改善の活動の一環で地区伝達事業があります。今回は大橋公民館の児童館を利用している1歳から3歳くらいの
 お子さんをお持ちのまさに子育て真っ最中のお母さん方に、食事バランスガイドのお話をした後に一緒に調理をしました。
 その間子供さんたちは食改のメンバーと保育士さんとで児童館で親と離れて過ごしました。
 親と離れられずないている子もありましたが、お母さん方もたまには、子どもから離れて皆でお料理をしながらひと時を
 すごし、リフレッシュしていただくことも大事なことと思います。
  
  




活動報告 2008.6月
 6月28日(土)
○鶴ヶ島市認知症サポーター養成講座を受講
 2004年12月、【痴呆】から【認知症】へと呼称が変更されました。この変更を契機として、みんなで認知症の人とその家族を
 支え、だれもが暮らしやすい地域を作っていく運動【認知症を知り地域を作る10ヶ年】のキャンペーンが始まりました。
 キャンペーンの一環である【認知症サポーター100万人キャラバン】では認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る、
 認知症サポーターを一人でも増やし安心して暮らせる町づくりを市民の手で展開していきます。
 この講座はサポーターとなってもらう人のために開かれましが、7月12日も開催されます。
   
 6月24日(火)

○食生活改善推進協議会 横浜港輸入農産物研修
 食生活改善推進協議会の活動で横浜港輸入農産物研修を行ってきました。
 波止場会館湾岸労働組合の方に案内され主に中国から輸入されている食材の現状を目の当たりにしてショックを受け
 その後会館内で現状について更に詳しくお話を伺い私たちが何気なく食べていた食品の怖さを知りました。
 輸入食品の検査のあり方などこのままではひどいと感じますし、改めて、国内の食料自給率を高めることが重要だと
 思いました。
   
  

 6月22日(日)

○ハーモニーふれあいウィーク2008
 ハーモニーふれあいウィーク2008は6月22日から28日までの1週間女性センターを拠点として開催されました。
 男女共同参画週間とは【男女共同参画社会基本法】施行にちなんで、6月23日から29日までの1週間と、国が定めました。
 鶴ヶ島市では、女性センターを中心に、市民手つくりの多彩な行事が催されました。オープニングセレモニーではワカバ
 ウォークのイベント広場で市長、実行委員長の挨拶、参加団体PR,アトラクションや寸劇があり私はその寸劇に出演しました。
 中身は、【男のいいわけ女のつぶやき】と題したもので私は主婦のつぶやきを演じました。 
 その後、女性映画監督(浜野佐知氏)の映画【百合祭】を鑑賞しました。監督とツーショットで写真を撮ったのですが、
 不手際で消えてしまいました。・・・残念
    

 6月19日(木)
○食生活改善推進協議会活動
  毎月19日は【食育の日】です。国を挙げて食事バランスガイドの普及活動に取組んでいます。その一環として市庁舎
  ロビーで、 パンフレットを配布したり、手作りのタペストリーを使ってバランスガイドの説明をしました。
    
 6月14日(土)
○健全育成会総会
  第5地区青少年健全推進協議会の定期総会に出席しました。当育成会では安心安全のためのパトロールをはじめ、
  収穫祭、わいわいがやがや祭りなど地域、保護者、先生方が一緒になって子どもたちの健全な育成に取組んでいただいて
  います。総会では南小中学校の校長講話がありました。小学校では今年度より「学校応援団」支援事業が始まります。
  それらに取組んでいただく方々はまさにこの会の皆さんだと思います。
 6月5日(木)
 ○南中学校体育祭
   南中学校体育祭に出かけました。雨で延期になっていた体育祭がやっと開催されました。またしても、途中から小雨が
   降り出してしまいましたが皆がんばって最後まで盛り上がりながら、楽しんでいたようです。
    
 6月1日(土)

 ○鶴ヶ島市婦人親善バレーボール大会
    鶴ヶ島市婦人親善バレーボール大会に議長代理で出席しました。
    他市町からの参加チームも含めて16チームで試合が行われました。日ごろからスポーツに親しむことは、若さを保ち、
    健康維持のためにもすばらしいことですね。
   




過去の活動を見る

123. 4